O.F.Touki

O.F.Touki

「小説家になろう」「カクヨム」 でも小説を投稿しております。楽しんで頂ければ幸いです。
3
恋愛 連載中 長編 R15
私には生前の記憶が全くない。 だけど同じ存在である吉田君は博識で、私がすでに死んでいる幽霊であることや、深い恨みや大きな未練がある場合は死んだ後に怨霊というモノになってしまうということを教えてくれた。 吉田君曰く私は途方も無く大きな恨みか未練を持った怨霊らしく、怨霊でも近づきたくないレベルの怨霊らしい。 しかし私には記憶が全くないため、自分がいったい何を憎んでいるのか、何に未練があるのかが分からない。 ただ怨霊になった私は常に、肌身離さず3つの物を持ち歩いている。 吉田君が物の名前を教えてくれたが、それは『日記帳』と『ボールペン』と『ラブレター』という名前の物だそうだ。 それが私自身に残った物。不思議と温かに感じる物だった。 私はいつしか、勝手についてきた吉田君と二人で記憶を取り戻し、幸せというモノを掴むという漠然な目標を立てて旅をすることになった。
24hポイント 0pt
小説 74,586 位 / 74,586件 恋愛 19,440 位 / 19,440件
文字数 60,540 最終更新日 2020.06.05 登録日 2020.05.20
私は2018年まで小説を趣味で書いておりました、しかし色々あって約二年間小説に手を付けられませんでした。その二年間を私自身が忘れないために書き残します。小説というよりメモ。あ、今後は小説を編集したり更新したりします。 性別を変える事と薬と手術のリアル。 本当に望んでの事ならば幸せになれる。中途半端は自殺する。悲しいけど本当の話。
24hポイント 0pt
小説 74,586 位 / 74,586件 エッセイ・ノンフィクション 2,469 位 / 2,469件
文字数 2,202 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.19
 流れ者のビンセントは、行きついた村の農業を手伝いながら、仲間と供に魔物から村を守っていた。  ビンセントが生まれるよりはるか昔から、魔王が率いる魔物達と精霊やエルフそして人間との戦争は続いている。  勢力を伸ばし続ける魔王に圧され、とうとうビンセントがいた村は滅ぼされるが、瀕死の状態で生き延びる。  魔物により覆われているこの世界、その日を生きる為に、冒険者として魔物の討伐をして金をかき集め、その日をしのいで暮らす生活に戻った。  戦闘力の差もかなりあったが、圧倒的な数の差で人類、エルフや精霊は、魔物達に次々と殺されてしまった。  こんな魔物あふれる世界に伝説の勇者とされる者達が現れた。 勇者の出現から極端な戦況は逆転。 二年で魔物はほとんど消滅し、魔王も勇者によって討ち取られた。 勇者の出現で魔物という脅威はなくなり世界は平和になった。  しかし魔物の討伐を商売としていた者達の失業は後を絶たない 故郷無、職無、金無、根無し草のその日暮らしのビンセントが、一つの国に流れて暮らしている。  魔物の消滅で少なくとも魔物への心配事は無くなり、ビンセントのような者達に浮上してくる心配事と言えば生活費である。  それでも時は考える余地を与えずに動き続け、魔物無い時代で人々も流れる様に動き始める。 残った人間、エルフ、精霊達は、互いが進化していくだろう。 考えれば平和になった。しかし、それぞれが尊重し合えるかどうかは又別の話になってくる。 ……もう一度考えるに、平和になったのだろうか? それは、わからない。
24hポイント 14pt
小説 18,380 位 / 74,586件 ファンタジー 3,777 位 / 21,806件
文字数 548,239 最終更新日 2020.05.19 登録日 2017.09.06
3