桜乃華

桜乃華

ほのぼのとした話とファンタジー好きです。よろしくお願いします。楽しんでいただければ嬉しいです。
2
 村から数キロメートル離れたところにぽつんと建つコロンバージュ様式の一軒家。そこに住まうセシリヤ=クルサットは幼い頃に拾ってくれた恩人である師匠―ブレーズ=ヴァロワのもとで薬の調合を行っていた。師匠の代わりに薬を調合しては近くの村や街に売りに行き生活費を稼ぐ生活は数年も前から続いている。近くには川が流れており、家の横には小さな畑。自給自足の生活が基本のため生きていく分には困っていない。それに魔力を持つセシリヤは師匠から教わった魔法を応用して生活の一部にしていた。  十八歳になったある日、今日も家事を終えてから依頼されていた解熱剤の調合をしていたセシリヤにブレーズが告げた。  「おい、セシリヤ。ちょっと旅に出て来い」  「……はい?」  「可愛い弟子には旅をさせろって言うだろ?」  そう言った師匠に旅に放り出されたので、勝手気ままに旅することにしたセシリヤはクエスト遂行中に足もとに転がってきた魔石を拾った。それはセシリヤの魔力を吸収し始めて……。  
24hポイント 349pt
小説 2,914 位 / 84,457件 ファンタジー 730 位 / 24,515件
文字数 113,380 最終更新日 2020.10.22 登録日 2020.07.24
青春 連載中 短編
 大学への入学を機に近くの若草寮へと入ることになった汐崎和(しおざき なごみ)は一匹の茶白猫と出会う。この話は和と初めて出来た友人伊澤千帆(いさわ ちほ)そして、茶白猫の茶々さんとの何気ない日常の話。
24hポイント 0pt
小説 84,457 位 / 84,457件 青春 3,681 位 / 3,681件
文字数 18,974 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.07.13
2