あおアンドあお

あおアンドあお

3
俺には二人の幼馴染がいた。 俺の幼馴染達は所謂エリートと呼ばれる人種だが、俺はそんな才能なんて まるでない、凡愚で普通の人種だった。 そんな幼馴染達に並び立つべく、努力もしたし、特訓もした。 だがどう頑張っても、どうあがいてもエリート達には才能の無いこの俺が 勝てる訳も道理もなく、いつの日か二人を追い駆けるのを諦めた。 自尊心が砕ける前に幼馴染達から離れる事も考えたけど、しかし結局、ぬるま湯の 関係から抜け出せず、別れずくっつかずの関係を続けていたが、そんな俺の下に 衝撃な展開が舞い込んできた。 そう...幼馴染の二人に彼氏ができたらしい。 ※小説家になろう様にも掲載しています。
24hポイント 1,299pt
小説 1,174 位 / 144,183件 ファンタジー 304 位 / 34,674件
文字数 121,679 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.02.02
ギガン城と呼ばれる城の第一王女であるリコット王女が、他の世界に住む四人の男女を 自分の世界へと召喚した。 召喚された四人の事をリコット王女は勇者と呼び、この世界を魔王の手から救ってくれと 願いを託す。 しかしよく見ると、皆の希望の目線は、この俺...城川練矢(しろかわれんや)には、 全く向けられていなかった。 何故ならば、他の三人は若くてハリもある、十代半ばの少年と少女達であり、 将来性も期待性もバッチリであったが... この城川練矢はどう見ても、しがないただの『おっさん』だったからである。 でもさ、いくらおっさんだからっていって、これはひどくないか? だって、俺を召喚したリコット王女様、全く俺に目線を合わせてこないし... 周りの兵士や神官達も蔑視の目線は勿論のこと、隠しもしない罵詈雑言な言葉を 俺に投げてくる始末。 そして挙げ句の果てには、ニヤニヤと下卑た顔をして俺の事を『ニセ勇者』と 罵って蔑ろにしてきやがる...。 元の世界に帰りたくても、ある一定の魔力が必要らしく、その魔力が貯まるまで 最低、一年はかかるとの事だ。 こんな城に一年間も居たくない俺は、町の方でのんびり待とうと決め、この城から 出ようとした瞬間... 「ぐふふふ...残念だが、そういう訳にはいかないんだよ、おっさんっ!」 ...と、蔑視し嘲笑ってくる兵士達から止められてしまうのだった。 ※小説家になろう様でも掲載しています。
24hポイント 177pt
小説 6,691 位 / 144,183件 ファンタジー 1,414 位 / 34,674件
文字数 134,785 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.02.01
遥か昔に勇者達と邪神との戦いがあった。 辛うじて邪神を倒した勇者達は、三つの大陸にそれぞれ国を作った。 剣の勇者は剣を主体としたスキルを自分の国に伝え、 魔の勇者は魔法を主体としたスキルを自分の国に伝え、 そして、 光の勇者は回復魔法を主体としたスキルを自分の国に伝えた。 それから約500年の歳月が過ぎた。
24hポイント 14pt
小説 26,216 位 / 144,183件 ファンタジー 4,382 位 / 34,674件
文字数 12,383 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.02.02
3