クレハ@WME

クレハ@WME

こんにちは。まだまだひよっこのクレハです。そのため、誤字脱字多かったりするので、申し訳ないです。 小説は一週間に一話くらいあげられたらいいなぁ。と、思いながら書かせてもらいます。よろしくお願いします
8
恋愛 連載中 長編
 ちょっと未来の日本政府は少子高齢化、若者の結婚難の対策の為に二十歳以上の独身男性の家に、結婚を検討している女性を一日限定で嫁として住んでもらうことになったのだが、過去のトラウマのせいで俺は女性が苦手になってしまったのだ。  そんな時、そのトラウマの原因になった女が家にやってきてしまって……
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 5,470 最終更新日 2020.06.17 登録日 2020.05.31
恋愛 連載中 長編 R15
高校生にもなったら子供を作れという方針の日本では、ほとんどの高校生が子供を授かっていた。 子供が子供を作ることが許されてしまっているのだ。大した福利厚生も整っていないのに。 だから、主人公は許せない。のほほんと何も考えずに子供を作ってる彼らのことを。
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 26,999 最終更新日 2020.06.16 登録日 2019.12.13
恋愛 連載中 短編
 大学四年目の俺は就活を失敗し続け、未来の見えないそんな不安と、周りが内定を貰っていく恐怖から逃げるように、苦手だった酒を煽り、俺は見事にそのあいだの記憶を失い、家でぶっ倒れていた。  そして、二日酔いに苛まれているところで後ろから声が聞こえてきたのだ。  聞いたこともない艶かしい声に俺はゆっくり振り返る。  そこにはとんでもない美人が心配そうな顔でそこに立っていた。  でも、この美人なお姉さん。容姿だけではなく内面もかなりぶっ飛んでいて……
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 14,218 最終更新日 2020.04.02 登録日 2019.09.20
才能学園という高校に在学する松岡雄護は才能を所有していた。 だが、その才能の二つ名は不死身(サンドバッグ)彼はただここに居る他の強い才能を持つ化け物に虐げられ、学年最下位になってしまう。 最下位になってしまったら終わりだ。上位者のいうことには従わなければならない。歯向かうには力がいる。この力こそが正義のこの世界で彼はなぜか世界三位の校長先生や他にも驚くべき才能を持つ化け物達に狙われるハメに!?
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 90,491 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.01.17
青春 連載中 長編
中学生の少年がある一人の同級生に恋をした。だが、彼には初めての恋だったので、どう接していいかわからずいじめてしまう。 そして、その女の子に嫌われ、少年にも同じ火の粉が降りかかる。 そんな少年が更生しようと努力していく話。
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 青春 3,519 位 / 3,519件
文字数 92,173 最終更新日 2019.01.14 登録日 2018.09.05
俺は勇者。 女盗賊の【バニラ】、クールビューティなお姉さん僧侶【ミカエル】さんに、筋肉モリモリマッチョマンのパラディン?【ライドン】さんと辛く厳しい旅を乗り越えて、ついに魔王城の前に来た! 村や街を破壊し、人々の生活に災禍をもたらす魔物達の元凶……魔王をついに倒すんだ!と俺は意気込んでいた。 だけど、その気持ちは魔王を見るまでだった。 _________________あいつが……いや、彼女が、まさか金髪碧眼の超絶美しいロリっ子だったなんて!!!
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 ファンタジー 22,364 位 / 22,364件
文字数 86,547 最終更新日 2018.05.26 登録日 2018.04.14
妹っていいよね?姉とか兄とか弟とかいらない。俺は妹が欲しいんじゃ。そして、こう呼んでもらうんだ。………『おにいちゃん』ってなっ!! だが、俺には妹がいない。 だから、決めたんだ。妹を作ると。 *** 低評価どんとこいっ!それをかせにするんじゃぁぁ!! 毎週月曜、木曜日に一話上げたい。と、願っています。
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 209,807 最終更新日 2018.03.15 登録日 2017.04.06
~ あらすじ ~ 西暦2325年。 進む少子化対策のため、日本では今、とんでもない法律が作られていた。 それは「独身の20歳以上の男女は、それぞれ彼女、彼氏を作らなければならない」というもの。 そんな時代に生まれた17歳の少年【二宮 士郎】は、年齢=彼女無し歴。 これは、どうすることもできない残念な事実。 士郎は、そんな悲しい現実を受け止めながら、ただ過ぎてゆくだけの高校時代を、穏便に生きようと思っていた………………だが!! ______ある日の昼休み。 士郎は購買にパンを買いに行く途中、一人の少女に出会った。 士郎は、勇気を出し彼女に話しかけると、なぜかその子は「自分が見えているかどうかなど」と不思議なことを言ってくる。 『さあ、頑張って彼女作りましょう!』 『大船に乗ったつもりでいてくださいねっ!』 恋のお悩み。片思い。 リア充だらけのこの世界…… __それが、彼女(インスタントガールフレンド)との出会いだった___ 『あの、話したことある女の子いますか?』 『あ…も、もちろんあるさ。委員会とかの時に…』 『ふざけてるんですか?』 と、こんな感じで書いております。 初作品なので、最初の方はグダグダですが、つきあってあげてください。 誤字脱字などの修正などのご指摘や、ここはこうしたほうがいい。などのアドバイスなどお願い致します。
24hポイント 0pt
小説 77,464 位 / 77,464件 恋愛 20,465 位 / 20,465件
文字数 287,939 最終更新日 2017.01.27 登録日 2016.03.24
8