さよなら。TOYBEE

さよなら。TOYBEE

6
外れスキルの【ダメージ0】は火を吹かないっ。役立たず。持っていても無駄。 何故なら、このスキルは、どんな自分の攻撃もすべて無効化されてしまうというものだからだ。 剣で切ってもノーダメージ。コブシで殴ってノーダメージ。 さらには攻撃するたびに自分を弱体化させてしまう始末。 異世界転生した冒険者セージは、そのスキルを手に入れたせいで、完全に役立たずになってしまい、パーティのメンバーに怪我を負わせる羽目になってしまう。 そのせいで、恋人で婚約者で斥候の猫の獣人ハーフのシェリーに見捨てられ、それが、同じくパーティメンバーで、タンクで騎士のスタンに寝取られていたことを知ってしまう。 失意の中、セージはその最低スキルを逆転する術を見出すことができるのか? そして、その後に、裏切りものの元パーティの二人をめちゃめちゃにすることができるのか? そして、通常の冒険者となったセージの成り上がりは?
24hポイント 149pt
小説 5,229 位 / 79,503件 ファンタジー 1,363 位 / 22,866件
文字数 47,316 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.07.11
俺のスキルは「ゼロ評価」。どんなにいい手柄を立てようが評価されないスキル。だから、魔王を倒しても、評価されず、SSS級ダンジョンを3度攻略しても評価されない。勇者なのにまったく評価されない俺。だが、そこで、俺はそのスキルがとんでもないチートスキルであることに気づいたのだ。そこから、俺はそのスキルを利用してざまあを決行。その後にスローライフを嗜好することになる。だが、そこに待っていたのは、かわいい女の子たちとのラブラブうきうき、ざまあライフ。さあ、はじめよう。俺の物語を。
24hポイント 49pt
小説 9,235 位 / 79,503件 ファンタジー 2,073 位 / 22,866件
文字数 7,859 最終更新日 2020.07.21 登録日 2020.07.21
人類を守るために忠実に守ったために指示系統である叡智妖精ホロスの指示で魔王軍と戦っていたレジェンド級巨大魔道ゴーレムは、だが、しかし、戦いの最中に人間の国のひとつであるザナスフェイドの王の裏切りにより魔王軍壊滅の前に倒れることになってしまう。それにより人類のほとんどの国は滅びても、王はすべての他の国を犠牲にして、魔王に服従することで、自らの国と自分の地位だけを守ろうとしたのだ。だが、その王を許さず、ゴーレムは自分が自壊命令を悲しみの中でホロスにさせられるとき、王とその国の聖騎士を巻き込んで王を倒すのだった。許されざる裏切りの報復はできた。だが、自壊したゴーレムはもはや動けない。ゴーレムの命令系統であるマスターの思念精霊のホロスが泣き喚く中、自分の自壊によって破壊され尽くされた瓦礫と焦土の中で、ゴーレムははじめての感情を覚え悲しみを知る。ああ。世界を守りたかった。このような無残に破壊された世界を見たくなかった。だが、俺はもう死ぬ。その後にはまた巨大な破壊が来るだろう。人類が滅びる。だが、そこにともに人類を救うためにいくつかの戦場で戦った小さな聖女が現れ、泣きながらゴーレムに抱きついて不思議な力で、ゴーレムの幸福な転生を願う。するとゴーレムは王都で行き倒れていた孤児の少年ザクトクシャスに途中転生することになる。クシャスには古代叡智の持つ幼い妖精ホロスの知識と、ゴーレムの超絶の力が残ったままに転生していた。そしてそこは、すべてを犠牲にして、すべての世界を裏切り生き残った王国の王都だった。そこで、元ゴーレムの少年は魔王にまだ服従している新しい王の存在を知り、王を説得、できなければ殺してでも止めるために、王に会う資格のある龍騎士資格を得るために王立学園グルナザフトに入ることに決めた。瞬く間に王立学園でクシャスは古代ゴーレムの力と優秀な頭脳を使って頭角を現すことになるのだった。
24hポイント 7pt
小説 19,097 位 / 79,503件 ファンタジー 4,301 位 / 22,866件
文字数 11,144 最終更新日 2020.07.19 登録日 2020.07.19
恋愛 連載中 長編
異世界に行って、冒険をするとかじゃなく、普通に営業として売り込みをかけて、王都の大規模商会の商人として雇われた俺。この国の防衛大臣との商談があるという話で、そこにいさんで出かけた。だがそこにいたのは、防衛大臣じゃなく、防衛大臣の娘の、縦ロールで、いかにも高飛車な悪役令嬢だった。
24hポイント 7pt
小説 19,097 位 / 79,503件 恋愛 7,700 位 / 21,111件
文字数 6,652 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.07.12
異世界転生して、男爵家の子女となったマリアは、アルザス王国の貴族院に通う学生だ。14歳のときに爵位が上の伯爵の息子のサイクスと婚約することになった。けれど、サイクスの真剣に愛し抜くことができない。それでもサイクスを好きになろうと努力をして、サイクスに好かれようとがんばるのだが、ある日、突然サイクスはマリアに婚約破棄を告げる。その上、自分の派閥を使ってマリアの悪評を広め、婚約破棄の正当性を広め、マリアにひどい言いがかりをつけるのだった。ありもしない自分の醜聞に晒され、貴族院で孤立するマリア。だが、両親はそんなマリアを助けるどころか、サイクスにどんな手を使っても謝って和解しろと責めたてるばかり。自分を一方的に振って、その上で自分の立場を貶めて居場所を失わせた相手に誤って和解しなければならない。だが、そんなことは不可能だ。その上、サイクスは新しい恋人と仲良くしながら、自分に自殺しろと暗に言ってあざ笑って来たのだ。どうしようもなくなって孤立無援で絶望に暮れているしかなかったマリアの下に、だが、突然、救いの手が差し伸べられた。それは、アルザス王国の王太子リチャードだった。リチャードはマリアの実力を評価した上で、マリアに偽者の聖女でしかも、あろうことか、悪役令嬢になれと言い渡すのだった。悪役令嬢にして、聖女? この私が? 素朴でおとなしい男爵令嬢でないマリアがいったいどうやって聖女になり、悪役令嬢になっていくというのだろうか?
24hポイント 7pt
小説 19,097 位 / 79,503件 ファンタジー 4,301 位 / 22,866件
文字数 45,803 最終更新日 2020.07.10 登録日 2020.07.08
歴史にどれだけの解決方法があるのか、知っているだろうか? いままでの王や、貴族がどうやって世の中を動かし、そして、僕らと同じような苦しみの中で、僕らが味わっている苦しみを味わうことになったのか、そのことがわかっているだろうか? 経済への解決策は歴史の中に今でも埋もれているし、国庫逼迫の改善方法も同じく埋もれているんだ。僕らはいったい歴史から何を学んできたろう? それらをうまく使えば、今、世界に、みんなが不可能と思っている、すべての現在生きることに苦しむ民衆を救う答えがあるというのに。だから、僕はそのことをみんなに訴えたいんだ。さあ、本当の意味で世界を変えるために動き出そう。
24hポイント 0pt
小説 79,503 位 / 79,503件 経済・企業 230 位 / 230件
文字数 17,467 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.07.08
6