桜羽ひじり

桜羽ひじり

1
永遠を生きる魔女が、捨てられた男の子を拾うことから始まる物語。 魔女は男の子と幸せな時間を過ごします。 しかし、魔女は嬉しい感情と悲しい感情の両方に駆られます。 あの小さかった男の子が健やかに成長した嬉しさ半分、拾った時からもう12年もの歳月が経ってしまった悲しさ半分と、何とも言えない気持ちです。 「……それにしても、時が経つのは早いものね。赤子だったあなたがもうこんなに立派になるなんて……人の一生ってのは早いものね」 「一生って……師匠、僕はまだ12歳です。僕の人生は始まったばかりですよ」 「12年も100年も変わり何かしないわ。時間ていうのは無慈悲で残酷なんだから……」
24hポイント 42pt
小説 11,834 位 / 99,419件 恋愛 5,351 位 / 27,665件
文字数 28,238 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.02.26
1