玲於奈

玲於奈

ファンタジーだったら、設定が重いダークファンタジー、 恋愛ものだったら、ヤンデレ溺愛ものが好きです。
2
『こんな筈じゃなかった─────』 自身の創り出した化学兵器で紅く染められた世界で、男は、絶望した。 科学という学問に取り憑かれた天才は、研究、発明に全人生を掛け、彼の発明品は、世界を変えた。勿論、それは、良い意味でも、 ─────悪い意味でも。 底の無い後悔、絶望に耐えられなかった男は、自身最高傑作の猛毒を服毒し、若くして自害した。 そんな彼は、なんの因果か、再び同じ世界に前世の記憶を保持したまま生れ落ちる。 しかし、2度目のその世界には、幸か、不幸か、彼の負の遺産は、姿形も存在していなかった。 それどころか科学自体が数百年分、退化しており、彼にとっては未知の技術──魔術が台頭している世界だった。 同じ轍は踏まない決心をした彼は、 その有能すぎる才をひた隠しにし─── ているつもり。(本人は) 男が生まれ変わった身体は、想像を超えたチートだった。 *要は、チート主人公がくっそ重い過去を引きずりつつもじわじわ成長する話。 *紹介でシリアスぶってる割に案外ユルい内容になりそうです。 (過去編以外)
24hポイント 0pt
小説 84,805 位 / 84,805件 ファンタジー 24,572 位 / 24,572件
文字数 7,563 最終更新日 2019.02.13 登録日 2019.01.24
恋愛 連載中 長編 R15
「なんで私をおいていくと?!母さん死なんでよ!!」 ずっと一緒に暮らしていた母親の亡骸を抱いて感情の赴くままに叫んだ瞬間、前世の記憶を思い出した私。 (あ、私、ヒロインやわ。) 前世で友人がプレイしていた乙女ゲーのヒロインに転生したけど、あんま内容覚えてないし、普通にモブとして生きたい。 ヒロイン役とかダルすぎる、普通に生きると決心したのに、 ……え?平民血筋じゃない?? ……え??実は双子?? ……え???先天的な精霊の加護? ……え????知らない間に最高位精霊と契約?? 全っぜんストーリーと話が違うんやけど!?!? しかもそれ以前に、 …前世の方言がなおらない。 これは、地味に生きようとすればするほど目立ってしまう、前世訛り口調の美少女(自覚なし)の話。 *主人公の方言は、作者自身の地元の訛りで、訛ってはいれども標準語に近いとは自負しておりますが、万が一分からない表現があれば、ルビを振りますので、感想にてお問い合わせください。m(._.)m *なろうさんでも掲載してます。
24hポイント 0pt
小説 84,805 位 / 84,805件 恋愛 22,592 位 / 22,592件
文字数 17,609 最終更新日 2019.02.08 登録日 2018.12.16
2