Outlook!

Outlook!

なろうからやって来ました
4
勇者に唯一の恋人を奪われた騎士、エデル。 彼は恋人を奪われたその時から、何かに取り憑かれたかのように戦場の前線に立ち続けた。  何時でも氷点下まで冷めきった顔、しかしエデルは幾度も撤退時には殿を務め、撤退する仲間に迫る敵軍の魔の手を食い止めながらも、敵部隊を半壊させ、前線を維持するという偉業も何度も成し遂げる、軍人の鏡のような活躍をする。  表情は冷めきっていても、その手から救われた兵士、国民は数知れず、何時しかエデルは『救国の戦槍』と英雄と同様に称えられるようになった。   しかし、エデルはそれに喜びを示すことはなく、その日も戦場で殿を務め、且つ前線を維持する。 ──戦うことしか、自分にはない 恋人が、何時か振り向いてくれるのを願って、エデルは今日も戦場で斧槍(ハルバード)を振るい続ける──が、心身ともに限界が近づき、遂にそれまで感情を押し殺していたエデルはある日、敵兵士の死体が転がる血生臭い戦場の中心で、感情吐き出してしまう。 その時、唐突に現れた謎の少女に出会い、エデルの人生は変わっていく。
24hポイント 42pt
小説 8,085 位 / 51,220件 ファンタジー 2,132 位 / 16,770件
文字数 29,295 最終更新日 2019.01.05 登録日 2018.12.23
経緯は朝活動始まる一分前、それは突然起こった。床が突如、眩い光が輝き始め、輝きが膨大になった瞬間、俺を含めて30人のクラスメイト達がどこか知らない所に寝かされていた。 俺達はその後、いかにも王様っぽいひとに出会い、「七つの剣を探してほしい」と言われた。皆最初は否定してたが、俺はこの世界に残りたいがために今まで閉じていた口を開いた。 そしてステータスを確認するときに、俺は驚愕する他なかった。 理由は簡単、皆の授かった固有スキルには強スキルがあるのに対して、俺が授かったのはバットスキルにも程がある、状態異常倍加だったからだ。 ※不定期更新です。ゆっくりと投稿していこうと思いますので、どうかよろしくお願いします。 カクヨム、小説家になろう、エブリスタにも投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 15,564 位 / 51,220件 ファンタジー 4,367 位 / 16,770件
文字数 217,880 最終更新日 2018.02.27 登録日 2017.07.03
────さて、もう一度勇者に成るとしよう
24hポイント 0pt
小説 51,220 位 / 51,220件 ファンタジー 16,770 位 / 16,770件
文字数 10,597 最終更新日 2017.12.01 登録日 2017.12.01
石崎 翔(いしざき かける)十六才。趣味はゲームとか小説とかスポーツとかとにかく幅広い。小学校から9年間サッカーを続けており、トレーニング選手に選ばれるほどサッカーに夢中だ。中学三年生のときはユース日本代表に選ばれた逸材でもある。身長は181㎝という長身で俊足のサイドバックだ。顔は妹の顔が整っていることもあり、ありがちな兄弟比較はされないほど大差ない。つまり少し女顔で童顔だ。イケメンというより可愛いげがある顔に近い。本人も男なのに......と気にしている。義妹なのに顔が童顔という共通点を持っている不思議な兄妹。成績は中の下。運動については一番の自信を持っている。
24hポイント 0pt
小説 51,220 位 / 51,220件 ファンタジー 16,770 位 / 16,770件
文字数 25,694 最終更新日 2017.08.21 登録日 2017.08.12
4