あきらさん

あきらさん

自称ギャグ小説家。過去にギャグ漫画家を目指していましたが、週刊少年マガジンで奨励賞を受賞後に挫折。 現在は普通に仕事をしながらギャグ小説を書いています。 最近はブログやTwitterなども始めました。
1
異能力者が徐々に増えて行き、全人口の約1割だと言われているこの世界では、いつの間にか異能力者達はまともな能力(A級)と、意味のない能力(B級)の2種類に差別されていた。 公表する事すら恥ずかしいような能力を持つ一部のB級能力者達は、生きにくいこの世の中に相談の場を求めている。 生まれながらの「S」、美人先生の柊 京子と、その下僕となっている助手の柳町 新右衛門。 彼らはそんなB級能力者達が集まる、とある相談所で働いている。 そしてまた今日も、新たな相談者が訪れてドタバタな1日が始まろうとしていた……
24hポイント 0pt
小説 63,403 位 / 63,403件 ライト文芸 2,438 位 / 2,438件
文字数 113,697 最終更新日 2019.09.04 登録日 2019.04.23
1