もやしいため

もやしいため

趣味で物書きをしているもやしです。以後お見知りおきを。
2
むかしむかし辺境にある火の山に竜の縄張りがあった。 人は名誉や金を、竜は縄張りを求めて挑戦を繰り返すが、種族の中でも小さき竜に敗北はない。 時が流れ、神と祀られた竜は、平穏な火の山の上で今日も過ごす。 信心深き人々は神の竜を敬い火の山を登る。
24hポイント 0pt
小説 111,579 位 / 111,579件 ファンタジー 28,999 位 / 28,999件
文字数 90,816 最終更新日 2021.02.16 登録日 2020.12.30
 文武両道を地で行く貴族令嬢ティアナは、代々優秀な魔法士を輩出する家系でありながら魔力ゼロ。  それは歴史ある王立ガーディエル魔法学園に入学してからも変らず、遂に退学の窮地に追い込まれていた。  課せられた残留条件は『何でもいいから魔法を使う』こと。  ティアナにとって余りに高すぎるハードルを前に選んだのは、異界のモノを呼び出し使役する召喚魔法。  何度失敗してもバレず、成功さえすれば実物を見せるだけで納得させられる。  そう考えたティアナは、魔力がなくても起動する魔法式を目指して悪戦苦闘を始めた。  まさかそれで異界の賢者を呼び寄せてしまうなんて思いもよらずに。
24hポイント 0pt
小説 111,579 位 / 111,579件 ファンタジー 28,999 位 / 28,999件
文字数 105,692 最終更新日 2020.09.08 登録日 2020.08.13
2