雪田流魔

雪田流魔

えー、これを読んでくれた方はきっと小説の方も読んでくれていることと思います。面白くなくても怒らないでください。面白かったら褒めてください。Pb8/cFDIH3
3
 誰かに味方するってことは誰かを敵に回すこと。  そんなのは嫌だといくら嘆こうが、裏では誰かが傷ついていたりする。  江坂健二は人生をかけて賭するものを探していた。  それを持っていてそこに向かって真っ直ぐに進んでいる、ように見える野間 雅人を羨ましく思っていた。  傷つけ合うのはとっても悲しいから、みんな悩むし、怒るし、頑張るし諦める。  自分と違う頑張り方をしてる奴なんか見つけちゃうととそいつが悪者だって錯覚に陥ってきたりもする。  車塚 晶 は舐められることを恐れていた。自らの行動に違和感を感じても辞められない。例え誰かを傷つけたとしても。 第一章  車塚晶は、後輩にストーカー被害の相談されていた。健二と雅人の二人は興味本位で晶の跡をつけ、ストーカーと対決しに行くところを… 第二章 高槻 亜衣 にはちょっとエッチな秘密があった。そんな秘密に惹かれた健二と雅人は亜依と友達になるべく身体を張った一芝居をうつが……
24hポイント 0pt
小説 58,673 位 / 58,673件 ライト文芸 2,381 位 / 2,381件
文字数 75,634 最終更新日 2018.08.11 登録日 2018.04.17
SF 連載中 長編
防人 信夫は生まれる前の記憶を有している。それは静止した時空の中2閉じこめられた死者たちの魂を助けるという使命を全うするためのもの。    そうやって過去の記憶を保持したまま生を受けた信夫をかつての仲間を求め東京へ……。  昔々あるところに、人の死について研究してた人がいたんだって? その人が最後にたどり着いた結論ってのは、『死の後には極楽も無もなく、ただ死んだ瞬間で時が止まり、その苦痛が永遠に続く』ってなもんだってな噂がどっかで流れてたんだってさ?  そんな話をネットで見つけた僕は、『んなこと、あるわけねーじゃん!』とか思いながらもホントだったらマジやべーなー、って気持ちも捨てきれず、なら、ホントにそうだった世界があって、その世界で死者を助ける奴らがいたらかっこよくない? みたいなことを考えて書いてみた話
24hポイント 0pt
小説 58,673 位 / 58,673件 SF 1,969 位 / 1,969件
文字数 5,437 最終更新日 2018.08.06 登録日 2018.08.06
暇を持て余した少年は街へ繰り出した。 少女は男と口論をしていた。 ナイフを向けられた少年はオッサンを盾にとった。 やがて少年と少女は仲良くなる、そんな話。
24hポイント 0pt
小説 58,673 位 / 58,673件 ライト文芸 2,381 位 / 2,381件
文字数 23,917 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.28
3