人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩

他人の細かいことが気になるときは、自らその場を離れる

Getty Images

自分で自分の首を絞めてしまう……

普段の生活の中で、他人の細かいことが気になってしまうことはないでしょうか。例えば、その人の仕草、口調、立ち振る舞い、態度、言動、癖など、ちょっとしたことなのに、なぜか気になってしまう。結果、そのことにしか目が向かなくなり、イライラしてしまったり、気分を害してしまうなんてことはないでしょうか。

特にその人には悪気があるわけでもないのに、こちらで勝手に独り相撲をして、疲れてしまう。そのように自分の首を自分で絞めている方もおられると思います。

できるならば気にしたくないけれども、どうにもならない場合はどうすればよいのでしょうか。

~プラスへ転換する考え方~
自分がその場所を離れればいい

まず前提として、他人のことが気になってしまうことは、仕方のないことです。このことで周囲に迷惑を掛けているわけではないのですから、特に問題視したり、自分を責めたりする必要はないということを認識して下さい。

しかし、他人の細かいことが気になることで、自分の心がかき回されたり、それで気分を害してしまう状態をどうにかしたいという場合、非常に単純ではありますが、簡単な解決方法があります。

それは、他人の細かいことが見えない場所へ自ら移動することです。ただその場を離れればよいのです。相手は、自分のせいで周囲の人が不快な思いをしているなんて、これっぽっちも思ってもいません。なぜならば、それが本人にとってごく自然な姿だからです。

したがって、勝手に他人の仕草や言動で心情をザワつかせているこちらが気にしなくてもよくなるように、身を移すしかないのです。身体を移動させるというちょっとした動作は必要になりますが、これが一番簡単な解決方法です。なぜわざわざ自ら動かなければならないのか不服に思う方もおられるでしょうが、そのときは「勝手に独り相撲しているのは自分だ」と思うようにして下さい。そうすれば、これくらいのことは仕方ないと納得できることでしょう。

そのうえで、考えてみて欲しいことが一つあります。
それは、「なぜ他人の細かいことが気になってしまうのか」ということです。

他人のことが気になってしまう場面では、その理由を考えることはなかなかできません。理屈よりも、感覚的な場合が多いので、とにかく気になって、イライラしたり、心情が先行するもので、その原因を冷静に考えることはできないでしょう。

また、一旦気持ちが落ち着いてしまえば、わざわざそのときのことを思い返して理由を考えることは滅多にないと思います。

だからこそ、冷静になったときに、あえて考えてみる必要があるのです。これは今後の心地よい過ごし方にも影響する大切なステップです。

仏教には「良医の病を知って薬を説くが如し」と言葉があります。
これは、「お釈迦さまは、名医が病気に適切な薬を与えるように、人々の心の病に応じて適切な説法をする」ということを意味し、「応病与薬」(病に応じて薬を与える)とも言われます。
原因がわかれば、その対処法が見つかり、問題の解決に導くことができるということです。

当然のことのように思えますが、つい忘れてしまいがちなプロセスではありませんか? 
その結果、適切な薬という名の対処法が見つけられず、繰り返し同じ問題に悩まされてしまうのです。

ご感想はこちら

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家/翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

楽に生きる

楽に生きる

アルファポリスビジネスの人気連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」が、「楽に生きる」という書名で早くも書籍化!! 何気ない日常の中...
訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ