人を育てるコツ

自分の意図が、部下に全く伝わらない場合

2017.01.19 公式 人を育てるコツ 第4回
Getty Images

「真意を理解してもらう」のが上司のスキル

私は自分がどのように指示をして、それに対して、「部下がどこまで真意を理解しているのか?」という観点で自身を振り返ってみました。

まず、私がGさんに伝えた「今月の20日の朝イチに売上げ予測データを部長に提出すること」は、Gさんも把握していました。

そのうえで売上げ予測データが、すぐに集まると思っていたGさんと、営業で外出している可能性がある人のことも考えて、数日前から確認しておくのが当たり前と思っていた私との間に、「大きなズレ」がありました。これが上司と部下とのコミュニケーションの場でよく起こる、「認識の違い」です。

このような「認識の違い」が、他にもいくつか生じていたため、私はGさんと、話し合いの時間を持ちました。

するとGさんは、今回のようなリーダ的な仕事は、今まで一切やったことがないようでした。Gさんは上司から、売上げ予測データを求められると、すぐに提出していたため、他のメンバーにも、電話で確認すれば済むと思っていたようなのです。

それから私の方も、前述のように、もっと具体的に「いつまでに何が必要で、そのためにはどうするべきかの指示」を分かりやすく伝えるとともに、それがGさんにきちんと伝わっているかどうかを、確認すべきだったのを怠っていたのです。

この問題の根本にあるのは「認識の違い」であり、「相手の理解力が足りない」と考えるのは間違いなのです。部下や相手がきちんと自分の真意を理解してくれる伝え方をすることこそ、円滑なコミュニケーションに最も必要なことなのです。

こうして上司である私が意識して、なるべく正確に相手に指示を伝えることで、お互いのコミュニケーションの行き違いは解消されていきました。意思の疎通もスムーズになり、Gさんは前よりも自信を持って仕事をするようになったのです。

傾向として、上司は自分の指示を「部下がきちんと理解していないのが悪い」と考えがちです。しかし、「コミュニケーションは結果がすべて!」なのです。「部下が悪い」のではなく、上司の方が「きちんと真意が伝わったのか」と常に意識・確認することが、円滑なコミュニケーションを図るうえで、最も大切なことなのです。

次回に続く


大岩俊之 新刊『格差社会を生き延びる〝読書〟という最強の武器』好評発売中

ご感想はこちら

プロフィール

大岩俊之
大岩俊之

理系出身で、最新のエレクトロニクスを愛する元営業マン。
大学卒業後、電子部品メーカー、半導体商社など4社で法人営業を経験。いずれの会社でも、必ず前年比150%以上の営業数字を達成。200人中1位の売上実績を持つ。
独立起業を目指すなか、「成功者はみな読書家」というフレーズを見つけ、年間300冊以上の本を読むようになる。独立起業後、読書法やマインドマップ、記憶術などの能力開発セミナー講師をしながら、法人営業、営業同行、コミュニケーション、コーチングなどの研修講師として7,000人以上に指導してきた実績を持つ。年間200日以上登壇する人気講師として活躍している。
主な著書に、『格差社会を生き延びる“読書”という最大の武器』(アルファポリス)、『読書が「知識」と「行動」に変わる本』(明日香出版社)、『年収を上げる読書術』(大和書房)、『1年目からうまくいく! セミナー講師超入門』(実務教育出版)などがある。

著書

商談が楽しくなる! モノが売れる! 営業マンの自己心理改革

商談が楽しくなる! モノが売れる! 営業マンの自己心理改革

「頑張っているのに成績が上がらない」「実は人と話すのが苦手」「営業の仕事が自分に合っている気がしない……」。そんな思いを抱えている営業マンは意外...
口下手でもトップになれる営業術

口下手でもトップになれる営業術

アルファポリスビジネスの人気Web連載「入社1年目の営業スキル」を書籍化。「上手く話せない」「説得できない」「物が売れない」など、自身の営業スキ...
格差社会を生き延びる〝読書〟という最強の武器

格差社会を生き延びる〝読書〟という最強の武器

現代社会で本当に必要とされる人間になるためには、実は「読書」が不可欠。というのも、読書をすることで「知識」と「教養」を得ることができ、これが昨今...
出版をご希望の方へ