色は匂えど 散りぬるを

両親から虐待を受けていた主人公 紅月言葉 。
中学卒業を機に周囲の助けを借り、両親の元から逃げ、遠く離れた高校に入学した。
その高校で言葉は、数々の魅力的な男子生徒と出会う。
しかし彼女はかつて受けていた虐待により男性恐怖症であり、まともに話すらできない状態。
そんな彼女は果たして、自分を幸せにしてくれる男性と巡り逢うことができるのか?
24hポイント 0pt
小説 60,803 位 / 60,803件 恋愛 14,790 位 / 14,790件