星降る夜に桜と君と

「星降る夜に桜と君と」

~プロローグ~

真夏の夜のこと、男子高校生が家に帰ってこないとの通報があった。
警察はその男子学生を捜索するが、発見することができず翌日に持ち越しとなってしまった。
翌日、男子学生はいつものアルバイト帰りの時間に帰宅したとテレビやラジオで報道された。
両親が問い詰めるも、男子学生は「夢」や「幻」の言葉を残し、沈黙。
この神隠しのようなこの事件を人々は「一夜桃源郷事件」と呼ぶようになった。
真か嘘か、その一夜桃源郷事件の真相わからぬまま人々の記憶から消えようとしていた頃、次なる物語を紡ぐべく桃源郷がまたひとり、迎え入れようとしていた……
※この物語は作者の実話を元にして制作しました※
24hポイント 7pt
小説 16,186 位 / 63,642件 ファンタジー 4,133 位 / 19,951件