大嫌いなアイツが媚薬を盛られたらしいので、不本意ながらカラダを張って救けてあげます

媚薬を盛られたミアを救けてくれたのは学生時代からのライバルで公爵家の次男坊・リアムだった。ほっとしたのも束の間、なんと今度はリアムのほうが異国の王女に媚薬を盛られて絶体絶命!?
「弟を救けてやってくれないか?」――リアムの兄の策略で、発情したリアムと同じ部屋に閉じ込められてしまったミア。気が付くと、頬を上気させ目元を潤ませたリアムの顔がすぐそばにあって……!!

『媚薬を盛られた私をいろんな意味で救けてくれたのは、大嫌いなアイツでした』という作品の続編になります。前作は読んでいなくてもそんなに支障ありませんので、気楽にご覧ください。

・R18描写のある話には※を付けています。
・別サイトにも掲載しています。
24h.ポイント 28pt
0
小説 21,167 位 / 186,993件 恋愛 9,300 位 / 56,696件