白銀の大地に轟くは

凍てつく大地。空は重くたれこんだ雲により陽の光が遮られ、地表は常に氷点下。

地吹雪は四方八方より襲いかかりブリザードは嘲笑うかのように吹き荒ぶ。

旧暦5534年。蒼い空と海、緑が生い茂っていた理想の星。これが現在の地球の姿だ。

氷河期に突入した地球では、寒さで人が死に、飢えで人が死に、奪い合いで人が死に、今では大半の人類が潰えた。

そんな極限状態の中追い打ちをかけるように現れた黒の物体『グロウ』によって生き残った人類も駆られていく。

これに耐えるべく数少ない人類が集まり形成された叡智の結晶であり最後の砦である最終要塞集落[アビスネスト]

対グロウ用に研究されていたコアビーストプロジェクトにより力を得た4姉妹は『グロウ』に対して反攻作戦を開始する。

(今のところは大丈夫ですが後々に流血描写などが入るので一応R-15タグ失礼します)
24hポイント 0pt
小説 43,039 位 / 43,039件 SF 1,496 位 / 1,496件