【厄災を振りまく果ての塔の魔術師、第三王子に力を求められ塔を飛び立つ~実は10歳の幼女ですとは名乗りだせないのだがどうすれば良い?~】

その際果ての塔には世界に厄際を振りまくと言う魔術師が何千年も前から住んでいる。
魔術師は黒いローブに仮面をかぶり、性別も年齢も何も分からない。
そんな魔術師の塔の下にある日帝国の第3王子が傷だらけで捨てられた。
兄弟に命を狙われた結果だった。
魔術師は第3王子を気まぐれに拾う。
そして王子と魔術師の共同生活が始まった。
生活の中で王子は魔術師から知識や魔術を教わる。
いつか王位継承権を争う己の国へと戻るために。
そして王子は魔術師の力と頭脳を求めた。
だが王子は知らなかった。
魔術師が何代にもわたって代替わりをしていたことを。
そして現在の魔術師は10歳の女児であることを。
24hポイント 92pt
小説 11,405 位 / 148,730件 ファンタジー 2,136 位 / 35,428件