最後の教打!~学校と甲子園を繋ぐ!~

これは学校と野球部の起死回生を
託された教師と野球部の物語である。

西暦2025年 4月

長野県の山間部に位置する大成高校は
2030年4月に廃校になる事が決まった。

昔は野球強豪校として全国に名を馳せ
プロ野球へ何十人も輩出してきたが
近年は様々な要因で甲子園出場も厳しく
野球部も衰退していた。

校長は学校と野球部の起死回生を
ある人物達に託した。

体育教師の大山教師に学校改革を任せ
野球部には熊野新監督を迎え
学校再建と甲子園優勝を託す。

野球部に熊野新監督が入ると
日本初の男女混合野球部を発足させ
甲子園3年連続準優勝へと導いた。

2028年は優勝したいと熊野監督は
意気込んでいたが……

2028年4月、
野球部は衝撃的な始業式を迎える。

甲子園準優勝により生徒数が増加し
存続の光が見えた野球部と学校を
不穏な暗雲が包み込もうとしていた。

学校存続と甲子園優勝を掴みとり
大成高校と野球部の運命を次世代へ
繋ぐ事が出来るのか?




24hポイント 0pt
小説 140,717 位 / 140,717件 青春 5,151 位 / 5,151件