ココペリの笛


森の奥から聞こえてくる笛の音のなんと素晴らしいことか。

才能の限界を感じ、絶望していた音楽家の耳に、その音色が届く。

まるで誘われるかのように、森の奥へ奥へと足を踏み入れてゆく。

するとそこで彼が出会ったのは、切り株に腰掛けて、黒のシルクハットをかぶり、赤い蝶ネクタイをした大きなキリギリス。

「おや、こんな森の奥にヒトのお客様とは珍しい?」

24hポイント 319pt
小説 2,491 位 / 66,003件 児童書・童話 13 位 / 1,234件