月芝

月芝

時間と体力が欲しい。あと感想もらえたら小躍りする。
30 12
とある街に住む、小学二年生の女の子たち。 ヤマダミヨとコヒニクミコがおりなす、小粒だけどピリリとスパイシーな日常。 子どもならではの素朴な疑問を、子どもらしからぬ独断と偏見と知識にて、バッサリ切る。 そこには明確な答えも、確かな真実も、ときにはオチさえも存在しない。 だって彼女たちは、まだまだ子ども。 ムズかしいことは、かしこい大人たち(読者)に押しつけちゃえ。 キャラメル色のくせっ毛と、ニパッと笑うとのぞく八重歯が愛らしいミヨちゃん。 一日平均百文字前後で過ごすのに、たまに口を開けばキツめのコメント。 ゆえに、ヒニクちゃんとの愛称が定着しちゃったクミコちゃん。 幼女たちの目から見た世界は、とってもふしぎ。 見たこと、聞いたこと、知ったこと、触れたこと、感じたこと、納得することしないこと。 ありのままに受け入れたり、受け入れなかったり、たまにムクれたり。 ちょっと感心したり、考えさせられたり、小首をかしげたり、クスリと笑えたり、 ……するかもしれない。ひとクセもふたクセもある、女の子たちの物語。 ちょいと覗いて見て下さいな。
24hポイント 370pt
小説 2,636 位 / 77,306件 キャラ文芸 28 位 / 1,869件
文字数 1,126,367 最終更新日 2020.07.07 登録日 2018.11.30
世に邪悪があふれ災いがはびこるとき、地上へと神がつかわす天剣(アマノツルギ)。 ひょんなことから、それを創り出す「剣の母」なる存在に選ばれてしまったチヨコ。 天剣を産み、これを育て導き、ふさわしい担い手に託す、代理婚活までが課せられたお仕事。 いきなり大役を任された辺境育ちの十一歳の小娘、困惑! 誕生した天剣勇者のつるぎにミヤビと名づけ、共に里でわちゃわちゃ過ごしているうちに、 ついには神聖ユモ国の頂点に君臨する皇さまから召喚されてしまう。 で、おっちら長旅の末に待っていたのは、国をも揺るがす大騒動。 愛と憎しみ、様々な思惑と裏切り、陰謀が錯綜し、ふるえる聖都。 騒動の渦中に巻き込まれたチヨコ。 辺境で培ったモロモロとミヤビのチカラを借りて、どうにか難を退けるも、 ついにはチカラ尽きて深い眠りに落ちるのであった。 天剣と少女の冒険譚。 剣の母シリーズ第二部、ここに開幕! 故国を飛び出し、舞台は北の国へと。 新たな出会い、いろんなふしぎ、待ち受ける数々の試練。 国の至宝をめぐる過去の因縁と暗躍する者たち。 ますます広がりをみせる世界。 その中にあって、何を知り、何を学び、何を選ぶのか? 迷走するチヨコの明日はどっちだ! ※本作品は単体でも楽しめるようになっておりますが、できればシリーズの第一部 「剣の母は十一歳。求む英傑。うちの子(剣)いりませんか?ただいまお相手募集中です!」から お付き合いいただけましたら、よりいっそうの満腹感を得られることまちがいなし。 あわせてどうぞ、ご賞味あれ。
24hポイント 718pt
小説 1,544 位 / 77,306件 ファンタジー 381 位 / 22,306件
文字数 105,483 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.05.30
江戸は天保の末、武士の世が黄昏へとさしかかる頃。 首切り役人の家に生まれた女がたどる数奇な運命。 人の首を刎ねることにとり憑かれた山部一族。 それは剣の道にあらず。 剣術にあらず。 しいていえば、料理人が魚の頭を落とすのと同じ。 まな板の鯉が、刑場の罪人にかわっただけのこと。 脈々と受け継がれた狂気の血と技。 その結実として生を受けた女は、人として生きることを知らずに、 ただひと振りの刃となり、斬ることだけを強いられる。 斬って、斬って、斬って。 ただ斬り続けたその先に、女はいったい何を見るのか。 幕末の動乱の時代を生きた女の一代記。 そこに綺羅星のごとく散っていった維新の英雄英傑たちはいない。 あったのは斬る者と斬られる者。 ただそれだけ。
24hポイント 191pt
小説 4,504 位 / 77,306件 歴史・時代 41 位 / 1,101件
文字数 64,843 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.05.31
国の端っこのきわきわにある辺境の里にて。 不自由なりにも快適にすみっこ暮らしをしていたチヨコ。 いずれは都会に出て……なんてことはまるで考えておらず、 実家の畑と趣味の園芸の二刀流で、第一次産業の星を目指す所存。 父母妹、クセの強い里の仲間たち、その他いろいろ。 ちょっぴり変わった環境に囲まれて、すくすく育ち迎えた十一歳。 森で行き倒れの老人を助けたら、なぜだか剣の母に任命されちゃった!! って、剣の母って何? 世に邪悪があふれ災いがはびこるとき、地上へと神がつかわす天剣(アマノツルギ)。 それを産み出す母体に選ばれてしまった少女。 役に立ちそうで微妙なチカラを授かるも、使命を果たさないと恐ろしい呪いが……。 うかうかしていたら、あっという間に灰色の青春が過ぎて、 孤高の人生の果てに、寂しい老後が待っている。 なんてこったい! チヨコの明日はどっちだ!
24hポイント 85pt
小説 6,886 位 / 77,306件 ファンタジー 1,604 位 / 22,306件
文字数 171,160 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.04.25
児童書・童話 完結 ショートショート
わるいことをした魔女がつかまりました。 めでたしめでたし。 でも魔女はいいました。 わたしは神にちかって……はしていないと。
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 2,363 最終更新日 2020.05.08 登録日 2020.05.08
児童書・童話 完結 ショートショート
わたしはずっと殻の中にいた。 そこから出してくれたアナタは言った。 「キミは……」なのだと。
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 1,106 最終更新日 2020.05.06 登録日 2020.05.06
歴史・時代 完結 ショートショート
約百首にもおよぶ和歌を残し、古今集や万葉集にも歌を残す伝説の女流歌人。 でもじつは……。
24hポイント 42pt
小説 9,787 位 / 77,306件 歴史・時代 119 位 / 1,101件
文字数 1,796 最終更新日 2020.05.03 登録日 2020.05.03
恋愛 完結 ショートショート
これはよくある真実の愛の物語。ただそれだけのお話。
24hポイント 35pt
小説 11,036 位 / 77,306件 恋愛 4,464 位 / 20,432件
文字数 1,891 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
女神さまからの祝福も、生まれ持った才能もありゃしない。 あるのは鍛え上げた肉体と、こつこつ積んだ経験、叩き上げた技術のみ。 でもそれが当たり前。そもそも冒険者の大半はそういうモノ。 世界には凡人が溢れかえっており、社会はそいつらで回っている。 これはそんな世界で足掻き続ける、おっさんたちの物語。 諸事情によって所属していたパーティーが解散。 路頭に迷うことになった三人のおっさんが、最後にひと花咲かせようぜと手を組んだ。 ずっと中堅どころで燻ぶっていた男たちの逆襲が、いま始まる! ※本作についての注意事項。 かわいいヒロイン? いません。いてもおっさんには縁がありません。 かわいいマスコット? いません。冒険に忙しいのでペットは飼えません。 じゃあいったい何があるのさ? 飛び散る男汁、漂う漢臭とか。あとは冒険、トラブル、熱き血潮と友情、ときおり女難。 そんなわけで、ここから先は男だらけの世界につき、 ハーレムだのチートだのと、夢見るボウヤは回れ右して、とっとと帰んな。 ただし、覚悟があるのならば一歩を踏み出せ。 さぁ、冒険の時間だ。
24hポイント 106pt
小説 6,073 位 / 77,306件 ファンタジー 1,462 位 / 22,306件
文字数 503,564 最終更新日 2020.04.24 登録日 2019.10.26
ホラー 完結 ショートショート
刃物を手にした男は、なんらためらうことなく、それを振り下ろす。 手慣れた様子にて……。
24hポイント 127pt
小説 5,549 位 / 77,306件 ホラー 66 位 / 2,829件
文字数 616 最終更新日 2020.03.06 登録日 2020.03.06
「てめぇらに、最低のファンタジーをお見舞いしてやるから、覚悟しな」 異世界ノットガルドを魔王の脅威から救うためにと送り込まれた若者たち。 その数八十名。 のはずが、フタを開けてみれば三千人ってどういうこと? 女神からの恩恵であるギフトと、世界の壁を越えた際に発現するスキル。 二つの異能を武器に全員が勇者として戦うことに。 しかし実際に行ってみたら、なにやら雲行きが……。 混迷する異世界の地に、諸事情につき一番最後に降り立った天野凛音。 残り物のギフトとしょぼいスキルが合わさる時、最凶ヒロインが爆誕する! うっかりヤバい女を迎え入れてしまったノットガルドに、明日はあるのか。 「とりあえず殺る。そして漁る。だってモノに罪はないもの」 それが天野凛音のポリシー。 ないない尽くしの渇いた大地。 わりとヘビーな戦いの荒野をザクザク突き進む。 ハチャメチャ、むちゃくちゃ、ヒロイックファンタジー。 ここに開幕。
24hポイント 156pt
小説 5,005 位 / 77,306件 ファンタジー 1,230 位 / 22,306件
文字数 749,736 最終更新日 2019.10.18 登録日 2019.06.02
群雄割拠がひしめき合う戦国乱世の時代。 表舞台の主役が武士ならば、裏舞台の主役は忍びたち。 数多の戦いの果てに、多くの命が露と消えていく。 そんな世にあって、いちおうは忍びということになっているけれども、実力はまるでない集団がいた。 あまりのへっぽこぶりにて、誰にも相手にされなかったがゆえに、 荒海のごとく乱れる世にあって、わりとのんびりと過ごしてこれたのは運ゆえか、それとも……。 京から西国へと通じる玄関口。 高槻という地の片隅にて、こっそり住んでいた芝生一族。 あるとき、酒に酔った頭領が部下に命じたのは、とんでもないこと! 「信長の首をとってこい」 酒の上での戯言。 なのにこれを真に受けた青年。 とりあえず天下人のお膝元である安土へと旅立つ。 ざんばら髪にて六尺を超える若者の名は芝生仁胡。 何をするにも他の人より一拍ほど間があくもので、ついたあだ名が鈍牛。 気はやさしくて力持ち。 真面目な性格にて、頭領の面目を考えての行動。 いちおう行くだけ行ったけれども駄目だったという体を装う予定。 しかしそうは問屋が卸さなかった。 各地の忍び集団から選りすぐりの化け物らが送り込まれ、魔都と化しつつある安土の地。 そんな場所にのこのこと乗り込んでしまった鈍牛。 なんの因果か星の巡りか、次々と難事に巻き込まれるはめに!
24hポイント 85pt
小説 6,886 位 / 77,306件 歴史・時代 74 位 / 1,101件
文字数 169,667 最終更新日 2019.05.28 登録日 2019.04.30
雷鳴とどろく、激しい雨がやんだ。 雲のあいだから光が差し込んでくる。 天から地上へとのびた光の筋が、まるで階段のよう。 するとその光の階段を、シュタシュタと風のような速さにて、駆け降りてくる何者かの姿が! それは冬の澄んだ青空のような色をしたオオカミの子どもでした。 天の国より地の国へと降り立った、水色オオカミのルク。 これは多くの出会いと別れ、ふしぎな冒険をくりかえし、成長して、やがて伝説となる一頭のオオカミの物語。
24hポイント 319pt
小説 3,003 位 / 77,306件 児童書・童話 25 位 / 1,388件
文字数 570,586 最終更新日 2019.05.18 登録日 2018.12.30
児童書・童話 完結 ショートショート
森の奥から聞こえてくる笛の音のなんと素晴らしいことか。 才能の限界を感じ、絶望していた音楽家の耳に、その音色が届く。 まるで誘われるかのように、森の奥へ奥へと足を踏み入れてゆく。 するとそこで彼が出会ったのは、切り株に腰掛けて、黒のシルクハットをかぶり、赤い蝶ネクタイをした大きなキリギリス。 「おや、こんな森の奥にヒトのお客様とは珍しい?」
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 1,292 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.12.29
ぽっくり逝った親不孝娘に、神さまは告げた。 地獄に落ちて鬼の金棒でグリグリされるのと 実験に協力してハッピーライフを送るのと どっちにする? そんなの、もちろん協力するに決まってる。 さっそく書面にてきっちり契約を交わしたよ。 思った以上の好条件にてホクホクしていたら、いきなり始まる怪しい手術! さぁ、楽しい時間の始まりだ。 ぎらりと光るメス、唸るドリル、ガンガン金槌。 乙女の絶叫が手術室に木霊する。 ヒロインの魂の叫びから始まる異世界ファンタジー。 迫る巨大モンスター、蠢く怪人、暗躍する組織。 人間を辞めて神造小娘となったヒロインが、大暴れする痛快活劇、ここに開幕。 幼女無敵! 居候万歳! 変身もするよ。    
24hポイント 35pt
小説 11,036 位 / 77,306件 ファンタジー 2,370 位 / 22,306件
文字数 243,030 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.11.02
児童書・童話 完結 ショートショート
一学期の最終日。 どっさりと夏休みの宿題をもらった帰り道。 小学校の近くにある空き地にて、露天が開かれていた。 扱っているのはキラキラした石や、ブレスレットなど。 子どものおこづかいでも買えそうな値段で、売られていたのはおまじないグッズの数々。 女の子は、ちょっと興味が惹かれてのぞいてみました。 いろんな品の中で、彼女が気になったのは「魔法の種」というモノ。 一粒十円という安さ。 しげしげと種を見つめる女の子に店主は言いました。 「夏休みの間、それを一生懸命に育てると、きっといいことがあるよ」
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 882 最終更新日 2018.12.28 登録日 2018.12.28
児童書・童話 完結 ショートショート
  あるところに心やさしい若者がおりました。 彼が歩いていると、木の根にはさまれて、身動きのとれない白ヘビを見つけました。 かわいそうにと、助けてあげた若者。 すると、その夜更けのこと。 トントン、家の戸をたたく音がする。 こんな時間にいったい誰だろう? 若者は小首をかしげるも、戸をあけます。 するとそこには……。 これは善良な若者の身に降りかかった幸運でもあり、不幸でもある物語。
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 2,054 最終更新日 2018.12.27 登録日 2018.12.27
児童書・童話 完結 ショートショート
  時は15~16世紀の頃。 世はまさに大航海時代。 そんな喧騒とは縁のない田舎のあぜ道を、のろのろと進んでいく一台の乗合馬車。 偶然、乗り合わせた三人の客。 二人は知的好奇心溢れる学徒。一人は行商人の老婆。 その場にて、とある問題が浮上する。 三人揃えば文殊の知恵と申しますが、はたしてどうなることやら?
24hポイント 319pt
小説 3,003 位 / 77,306件 児童書・童話 25 位 / 1,388件
文字数 1,078 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.12.26
児童書・童話 完結 ショートショート
周囲を砂漠に囲まれた国。 とにかく暑い……。 太陽を睨んで王さまは言いました。 「誰か、あの忌々しい太陽を砕いてしまえ! 成功した者には、何でも望みの褒美をとらせるぞ 」 国中にお触れが回され、我こそはと名乗りを挙げたのは……。
24hポイント 213pt
小説 4,171 位 / 77,306件 児童書・童話 34 位 / 1,388件
文字数 1,507 最終更新日 2018.12.25 登録日 2018.12.25
児童書・童話 完結 ショートショート
  とある神社の境内にある、大きなご神木に住み着いていた、三匹の白ヘビたち。 白いヘビは神さまのお使い。幸運をもたらすと考えられ、それは大切にされていました。 お供え物として、毎日、新鮮なタマゴが三つ、供えられています。 あるとき、近所の小僧たちが、イタズラをしました。 生タマゴをお供えするはずなのに、生タマゴと半熟タマゴとゆでタマゴを供えたのです。 さてさて、どうなることやら?
24hポイント 319pt
小説 3,003 位 / 77,306件 児童書・童話 25 位 / 1,388件
文字数 1,139 最終更新日 2018.12.24 登録日 2018.12.24
30 12