人であらざる人の道~はじまりの代行人形~

この世界では、人に愛され続けた人形には、魂が宿ると言い伝えられていた。

人形の魂を、自在に動かせる別の媒体の中に移すことで、新たなる生命「代行人形」を作り出そうと、人形師たちが凌ぎを削っていた時代。
人形作りを生業とする人形師たちが暮らす町、ロノステラでは、人形師ばかりを殺して回る通り魔『人形師狩り』が人々を恐怖に陥れていた。
町の片隅で暮らす少年ノイエは、人形師である兄ショーンと共に、人形師狩り討伐作戦を繰り広げる。
全ては、幼かった頃に別れた大切な少女レインと再会するために――。

「人は人の中に紛れる代行人形の存在に、きっと気付けない――」

愛する人と進むべき道を繋ぐため。魂を持つ人形たちの祭典が始まる。
人形の町で繰り広げられる、ミステリアスファンタジー。
24hポイント 7pt
小説 20,756 位 / 74,536件 ファンタジー 4,861 位 / 21,797件