不完全防水

雨の日のバス。
傘の柄で足を突かれた橋上が出会ったのは、全身完全防水の華奢な少年だった。
濡れたらとけちゃう、と弱々しく呟いてバスを降りた彼に橋上は興味を持つようになったが……


   * * *

完全防水の少年に恋をした。

少年たちの淡い恋のはじまりは、ふりしきる雨のなかで。
エロ無しの純愛短編です。
fujossy、メクるにも掲載中。
24hポイント 0pt
小説 59,000 位 / 59,000件 BL 5,045 位 / 5,045件