幸せの温度

※ラブ度高めです。直接的な表現もありますので、苦手な方はご注意ください。

まだ産まれたばかりの葉月を置いて、両親は天国の門を叩いた。
俺がしっかりしなきゃ──そう思っていた兄、睦月《むつき》17歳の前に表れたのは、両親の親友だという浅黄陽《あさぎよう》33歳。
陽は本当の家族のように接してくれるけれど、血の繋がりのない偽物の家族は終わりにしなければならない、だってずっと家族じゃいられないでしょ? そんなのただの言い訳。
俺にあんまり触らないで。
俺の気持ちに気付かないで。
……陽の手で触れられるとおかしくなってしまうから。
俺のこと好きでもないのに、どうしてあんなことをしたの? 少しずつ育っていった恋心は、告白前に失恋決定。

家事に育児に翻弄されながら、少しずつ家族の形が出来上がっていく。
そんな中、睦月をストーキングする男が現れて──!?
24hポイント 35pt
小説 13,649 位 / 99,452件 BL 2,322 位 / 9,866件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

騎士団長の溺愛計画。

BL / 連載中 24h.ポイント:35948pt お気に入り:2486

もう終わりにしましょう、その愛は永遠ですから…

恋愛 / 完結 24h.ポイント:79527pt お気に入り:3947

異世界の皆さんが優しすぎる。

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:5360pt お気に入り:6455

これは報われない恋だ。

BL / 連載中 24h.ポイント:4927pt お気に入り:4292

【R18】蜜溺愛婚 ~冷徹御曹司は努力家妻を溺愛せずにはいられない〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:248pt お気に入り:336