男娼は雪花を囲う

高貴な婦人の間で密やかに囁かれる噂。
一度抱かれれば二度と忘れられないと評判の高級男娼ルセド。
神出鬼没な彼は渡をつけることさえ極限られた者にしか許していないが、さらに買うためには幾つかのきまりがあるという。

ひとつ、素性について詮索はしないこと。
ひとつ、食事など行為以外の余計な事求めないこと。
ひとつ、髪が銀色でないこと。

「おかえり、ヴィー」

男娼は今日も永遠に触れられない花を囲う。



※ヒロイン以外との行為のみ。まあまあがっつり描写あります。
24hポイント 0pt
小説 105,883 位 / 105,883件 恋愛 29,967 位 / 29,967件