大町学習教室へようこそ

昭和60年頃、受験戦争という言葉があった。受験生たちは教師から4当5落と言われ、睡眠時間を削り、登下校中も参考書を手から離さなかった。

まだ見ぬ21世紀は、どのような未来になるのだろうと期待に胸膨らませていた時代だった。

定年を迎えた大町ハマは、予備校でも生徒たちが立ち見ができるほどのカリスマ人気教師で、その後は小学校教員を務めたが、もともとは小さな個人経営の学習塾で教えていた。

最初の生徒は遠い遠い親戚からの希望でとあるひとりの生徒、薫(かおる)だった。

ハマの得意科目は1教科だけでなく、5教科何でも来いの万能タイブの教師だ。

ハマは定年を機に隠居生活を送り、自宅の縁側で自分の教師生活を振り返っていた。
24h.ポイント 0pt
小説 186,149 位 / 186,149件 現代文学 8,437 位 / 8,437件