魔王オメガは子犬を溺愛する

 大国の王子として生まれたルヴィニは、予言を受けて、王によって魔女の森に捨てられてしまう。
 魔女に育てられたルヴィニは、立派な魔王になって、大陸を治めていた大国を、反乱を企てるアルファたちを体で唆し、分裂に追いやる。
 その後も、魔女の森にアルファを生贄に捧げさせて、魔力と精力を搾り取って魔王として君臨していたのだが、今回捧げられたのは、可愛い子犬のお耳と尻尾の獣人の男の子。8歳の少年と性行為をするわけにいかないが、彼にどうしても惹かれてしまって。

 8歳の少年の成長を見守りつつ、結ばれる日まで、手を出そうとするたびに、倫理観のある触手に阻まれる、魔王の日常。

 番外編で、紳士的な触手とガチムチで顔が狼の獣人オメガとの恋愛あり。

※魔王のオメガが他のアルファと性交をしている描写が薄っすらあります。
※触手と行為をしている描写が薄っすらあります。
※触手は倫理観に溢れていて、紳士です。

※完結まで予約投稿してあります!
※ムーンライトノベルズ様でも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 25,163 位 / 139,933件 BL 5,134 位 / 15,814件