混沌に触れるだけでは混沌にはなれない

 混沌を嫌う人はいるけど、個人的に混沌とは個性の一種だと思う。
 周りの人間と全く同じことを、ただ模倣しているだけの人から個性は感じない。
 そんな人はいてもいなくても同じ。所詮戦力の1に過ぎないのではなかろうか。

 無論集団の中の一人として戦う生き方もあるんだろうけど、そこに個人としての意思の自由は存在しない。
 だからこそ僕は混沌を身につけたいと思うわけだけど……。
24hポイント 0pt
小説 126,078 位 / 126,078件 エッセイ・ノンフィクション 4,451 位 / 4,451件