【完結】私は私で、運命の相手を探しているので、あなたにはかまえない。

「君、靴にサイズはいくつだ?」そう訊いてきたのは、お貴族様らしい顔の整った男子生徒。
制服から、1歳年上。ヤバい感じがする。

いきなり聞いてくることもだが、その質問の連想した事象に気づかないふりをした。

だって、私にも選ぶ余地は欲しいんです。
24hポイント 7pt
小説 35,638 位 / 149,003件 恋愛 16,355 位 / 46,982件