呼び子が三つ鳴ったから

黒い娘は世が忌む闇を愛する。笛が三つ鳴ったなら、黒い瞳へ吸い込まれましょう。

霧子の至福は闇夜にある。
闇のような黒い瞳のこだまに見つめられると、闇夜に綿毛がふわふわ溢れる感覚を覚える。
こだまといつまでも一緒に居たいと願うから、霧子は愛を告げられず、こだまとの約束が叶う日を待つ。
24hポイント 0pt
小説 74,352 位 / 74,352件 現代文学 3,165 位 / 3,165件