不透明だし歪だし

高校二年生の双葉は従兄弟の正兄に憧れている。恋愛の好きと誤解されやすいが、あくまで憧れ。彼氏の時也は時々、正兄に嫉妬する。 親友の美樹は双葉は正兄が好きだと言って譲らない。 憧れと好きを区別している双葉の考えはあまりみんなに理解されない。 ある日、双葉は正兄が完璧な人間ではないと知る。完璧になりたい双葉は目指す対象を見失ってしまう。
本当はぐにゃぐにゃ歪んでいたこころ、わたしは透明で円く真っ直ぐいたかった。高校二年生の双葉が自分に向き合う青春ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 125,774 位 / 125,774件 現代文学 6,251 位 / 6,251件