悪役令嬢……じゃない? 私がヒロインなんていわれても!

第二王子エリオットの婚約者ヴィクトリアは、表情が乏しいため誤解されやすく、いつからか周囲から悪役令嬢と言われるようになっていた。
そんな時、珍しい精霊の加護を受けたという少女クリステルが出現する。
不思議な言動をするものの、屈託のないクリステルに好感を抱くヴィクトリア。
彼女は言った。
「私が、横取りしてしまったんです。本当はあなたがヒロインだったの」

ヒロインって、いったい何ですか?

次第に「悪役令嬢に愛想をつかした王子は精霊の乙女と愛を育んでいる」という噂が流れ――
周囲に誤解ばかりされる令嬢が、努力しながら、頑張るお話。
10万字程度の予定です。

※この作品は小説家になろうさんでも公開します。
24h.ポイント 28pt
0
小説 20,590 位 / 183,614件 恋愛 9,219 位 / 55,977件