薄幸の令嬢は幸福基準値が低すぎる

継母に虐待を受け使用人のような扱いを受ける公爵令嬢のクリスティナ。
そんな彼女は全く堪えた様子もなく明るく前向き!
前世でも不遇な環境だった為に彼女が思う幸福は基準が低すぎる。
「ご飯が食べられて、寝る場所があって、仕事も出来る!
ありがたい話です!」

そんな彼女が身の丈以上の幸福を手に入れる…かもしれない、そんな話。


※※※

生々しい表現はありませんが、虐待の描写があります。
苦手な方はご遠慮ください。
24hポイント 63pt
小説 13,875 位 / 148,546件 恋愛 6,551 位 / 46,826件