からだにおいしい料理店・しんどふじ ~雨のち晴れときどき猫が降るでしょう~

人生を揺るがす事件というか事故が起こり死の淵を彷徨い奇跡的に回復し地元の町へ戻って来た淵沢裕。
そこで懐かしい人との再会が。
からだにおいしい料理店『しんどふじ』の店主の箕田安祐美だ。
童顔で中学生みたいだけど大人女子の安祐美と老け顔の裕。
この再会は意味があるのか。
裕の転換期となるのか。

食とはなんなのか。食べるって生きることに繋がる。

『雨のち晴れときどき猫が降るでしょう』
裕の人生はそんな人生に。

ライト文芸大賞エントリーしていますので、気に入ってくれたら投票お願いします。
(=^・^=)

24hポイント 0pt
小説 48,740 位 / 48,740件 ライト文芸 2,092 位 / 2,092件