ステレオタイプ ーどこにもいない、普通の私

友野和葉は、どこにでもいるような、ごく普通の女子高生。

ある日彼女はふとしたきっかけで、普段交流する事の無かったクラスメートの男子に、転びそうになった所をぶっきらぼうに助けてもらう。

彼の名は大藤玲央。

教室の中でも、殆どの時間をヘッドホンをつけて過ごし、長く伸ばした前髪で表情が読めずにいるような、和葉達から見れば、変わり者で、近寄りがたい男の子。

そんなある時、和葉は姉の久喜子の存在がきっかけで、学校では言えない彼の秘密を知る事になる。
秘密を共有する事になった彼の存在を、和葉は少なからず意識するようになってしまう。だが、彼の目線の先に入るのは……。

どこにでもありそうな初恋の話。だけど世界中のどこを探しても、同じ恋は一つとして無い。

そう、どこにでもいる女の子なんて、本当はどこにもいない……。

※この作品は『小説家になろう』様、『カクヨム』様でも、掲載しております。
24hポイント 200pt
小説 4,045 位 / 65,959件 恋愛 1,819 位 / 16,979件