僕のおじさん〜ゆきちゃんはいそうろうの小説家〜

 僕のおじさんは「ゆきちゃん」という。名前は須田幸夫。九条家のいそうろう。僕の母の弟で、母に溺愛されている。学生のころに作家デビューしていたらしく、気づいたら住み着いてしまった。そして長いこと売れない作家をしている。
 そんなゆきちゃんが大好きな僕は、ゆきちゃんに会いたくてゆきちゃんの部屋に行った。するとゆきちゃんの苦しそうに息を殺した声を聞いてしまう。賞の後の次作への苦しみ。そして、悩みを聞いているうちにゆきちゃんの気持ちを知ってしまうーー


★攻→三十歳と受→年の差二十歳差です。倫理的に受け付けない方はbackお願いします。
★一人称(一人語り)視点です。えちの場合、受の言葉にバブみが出ます。

えちえちには※をつけます。
中学教科書のオマージュです。。
24hポイント 49pt
小説 11,961 位 / 91,979件 BL 2,151 位 / 9,044件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

国外追放されましたが普通に生きてますよ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:176491pt お気に入り:11052

兄たちが溺愛するのは当たり前だと思ってました

BL / 連載中 24h.ポイント:3109pt お気に入り:1300

砲丸投げのTバックが撫でられる

BL / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:2

浮気のお仕置き エリート社長×クズ社員『短編』

BL / 完結 24h.ポイント:1796pt お気に入り:204