僕のおじさん〜ゆきちゃんはいそうろうの小説家〜

 僕のおじさんは「ゆきちゃん」という。名前は須田幸夫。九条家のいそうろう。僕の母の弟で、母に溺愛されている。学生のころに作家デビューしていたらしく、気づいたら住み着いてしまった。そして長いこと売れない作家をしている。
 そんなゆきちゃんが大好きな僕は、ゆきちゃんに会いたくてゆきちゃんの部屋に行った。するとゆきちゃんの苦しそうに息を殺した声を聞いてしまう。賞の後の次作への苦しみ。そして、悩みを聞いているうちにゆきちゃんの気持ちを知ってしまうーー


★攻→三十歳と受→年の差二十歳差です。倫理的に受け付けない方はbackお願いします。
★一人称(一人語り)視点です。えちの場合、受の言葉にバブみが出ます。

えちえちには※をつけます。
中学教科書のオマージュです。。
24hポイント 0pt
小説 143,558 位 / 143,558件 BL 16,404 位 / 16,404件