五国王伝〜醜男は美神王に転生し愛でられる〜〈完結〉

 醜い容姿故に、憎まれ、馬鹿にされ、蔑まれ、誰からも相手にされない、世界そのものに拒絶されてもがき生きてきた男達。

生まれも育ちもばらばらの彼らは、不慮の事故で生まれ育った世界から消え、天帝により新たなる世界に美しい神王として『転生』した。

 愛され、憧れ、誰からも敬愛される美神王となった彼らの役目は、それぞれの国の男たちと交合し、神と民の融合の証・国の永遠の繁栄の象徴である和合の木に神卵と呼ばれる実をつけること。

 五色の色の国、五国に出現した、直樹・明・アルバート・トト・ニュトの王としての魂の和合は果たされるのだろうか。

 最後に『転生』した直樹を中心に、物語は展開します。こちらは直樹バージョンに組み替えました。

『なろう』ではマナバージョンです。

えちえちには※マークをつけます。ご注意の上ご高覧を。完結まで、毎日更新予定です。この作品は三人称(通称神様視点)の心情描写となります。様々な人物視点で描かれていきますので、ご注意下さい。

※誤字脱字報告、ご感想ありがとうございます。励みになりますです!
24hポイント 42pt
小説 17,804 位 / 140,033件 BL 3,611 位 / 15,849件