古今妖魅物~【訳有モノ】処分します~

 高校を卒業し、地元の数少ない会社に就職した伊賀冬矢。
 就職した会社は、「訳有モノ」という、特殊な廃棄物を処分する会社だった。

「訳有モノ」とは、奇怪現象を起こす「妖怪化した物」なのだが……
「訳有モノ」を処分すると謳っていながら、「株式会社骨川廃棄物処理会社」は、妖怪または物の怪の類は存在しない事実を証明する、世界妖怪協会裏付け国際機関に認定されていた。

「訳有モノ」は存在せず、奇怪現象には全て原因が存在すると。

じゃあつまり、俺がやる仕事って何なんだぁ~!
「妖怪化?」何だかよく分からないけど、俺、この会社でとりあえず働くみたいです。

片田舎にある1つの会社で巻き起こる日常を描いた、ちょっと変わったちょっとミステリー青春ストーリー。不定期UPになります。
24hポイント 0pt
小説 83,606 位 / 83,606件 ライト文芸 3,687 位 / 3,687件