時間厳守のその人に向ける笑顔は・・・。

仕事 会社の受付嬢、そんな会社の顔でもある席に長々と居続けてる私。
石野 詩央。
一緒に横並びで仕事してた先輩数人を寿の道へ見送り数年が過ぎ。
焦りがじわじわと出てきてる今日この頃。
どうにかしよう!!

前向きに資格の勉強を始めて残業が全くないポジションの仕事後を過ごしていた。

今日も笑顔で来社する他社の方を社のどこかの誰かに取り次ぐ。
笑顔が絶えないと言われるなら、それはもう張り付いてるからです。

今の相棒は若い立夏ちゃん。
まぶしい笑顔は心からの物だって・・・・思う人もほとんど。
実はそうでもないけどね。

そんな毎日で仕事で笑顔を、私生活では何もなく、時間は有効に勉強に使ってる。

無駄じゃないと思いたい、無駄にはしない。

そんな決まりきったような日々にちょっとだけ風変わりな出来事が起こりました。

ここ数年、いつも時間通りに来社してくる人。
受付カウンターで交わした言葉がいつもより多く・・・。

そんな先輩に倣えの誘いが始まりでした。


24hポイント 0pt
小説 124,708 位 / 124,708件 恋愛 37,198 位 / 37,198件