打たれ強くて逞しい、こんな女に誰がしたっ!!

春に見た幻想は爽やかな清涼感あふれる風に吹かれてた。
そして夏の始まるころ、現実はそんなものじゃなかった。

三年目の役割が後輩指導で、三人の同期で三人の新人を担当した。
当然一人が一人を受け持つ、その割り振りは上の采配で。


まさかトンデモナイ貧乏くじを引いたなんて。

今日も隣でうなだれてるのが本当に貧乏くじだったのだから。


何とか成長を促し、気を抜かないように、時々凍る表情をゆっくりほぐし、褒める時はきちんと褒めて。
やっと横並びで巣立っていってくれました。
間に合ってよかった~。

呉香純(くれかずみ)の夏は余裕もなく終わった。
やっと来た秋に自分の隣に空いた横のスペースを有効利用しようと、そんな気になったのです。

先輩と後輩の成長した記録の話です。
24hポイント 7pt
小説 19,396 位 / 85,005件 恋愛 8,182 位 / 22,675件