君を泣かせてしまいたい

図書館司書として働く朱莉は二六歳、彼氏なし。そんな彼女が兄の結婚式で出会ったのは、やたらと顔が整った高藤空良だった。兄の友人だという彼の前で失態を演じた朱莉は、もう会うこともないだろうとたかをくくっていたが、ひょんなことから彼と再会するはめに。顔がだけでなく、物腰も柔らかく常にレディーファーストな空良に気後れしつつ、その日限りだと思っていると、彼から意外な申し出が! さらに、彼には何か朱莉に隠していることがあるようで……?
24hポイント 28pt
小説 13,349 位 / 80,331件 恋愛 5,393 位 / 21,403件