矢を掛ける

岡山県の矢掛町が舞台のお話です。
流星群が見れるというある日、矢掛の小学生、希陽斗(きびと)と団吾は、矢掛ではとても珍しい見た目の派手さの高校生二人に出会う。黄色の髪の裏っち、桃色の髪の桃っち。岡山県民としては桃太郎関連で思い出すキャラクターがいる名前の二人だ。

「なあ、団吾、本名裏逆で裏っち、桃香で桃っち、って面白がって呼ばれるのは岡山県民としては分かる気はするけど、ええんかな」
「いやー、希陽斗、ええも何もあだ名ってやつって言ったのおまえじゃし」

そんなお話です。
表紙は矢掛で撮ってきました。ただの道っぽいところが、作中の4人が最初にでくわした場所あたりだと思っています。
24hポイント 21pt
小説 17,014 位 / 95,783件 キャラ文芸 306 位 / 2,727件