タラシの公爵家嫡男に見初められない方法

メリッサは貧乏侯爵家の令嬢。貴族として既に行き遅れになろうかと年齢になったある日、爵位を継いだ兄から裕福な公爵家のお見合い……もとい、お茶会に出席して次期公爵様の伴侶になって援助を取り付けるよう言われる。
けどね。あいつは何時も女を取っ替え引っ替えしている下半身ユルユルの最低男なんだよ。
年頃からやたらと胸が大きくなり、容姿も相まって男性不振になりつつあった男勝りのメリッサは、このお見合い失敗させてやると意気込んでお茶会へ乗り込んだのは良いが……。
いつの間にかタラシと言われて数多の女性と噂の絶えない公爵家嫡男に無理矢理処女を奪われて気付いたら執着されていました。
大分勘違いの多い二人ですが、色々な意味で男がゲスい。そんな「ゲスいのでも大丈夫だよ」と言う方ウェルカムです。ムーンさんで本編終了致しましたが、大分批判も多くあり、ラストを書き換えたく思います。
※作者は男性ではないので、男性の感じ方や描写に間違いがあるかもしれません。先にお詫び致します。

24hポイント 21pt
小説 21,355 位 / 121,023件 恋愛 9,020 位 / 35,689件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

私達は結婚したのでもう手遅れです!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:25923pt お気に入り:978

嫌われ者の令嬢は、私が愛しましょう。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:54755pt お気に入り:7006

今度こそあなたの幸せを願える私になりたい(リメイク)

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:262pt お気に入り:933