異世界転移したので平和な国を建国したら最強武装国家になりました~最高な王国創造記~

 どこにでもいる普通の高校生【澤島アギト】は、その日もいつも通りに高校に通おうとしていた。アギトはどこにでもいる高校生に見えるが、実はそうではない、
 
 彼はすべての人間と仲良くなることを夢見ているし実行に移している。
 優等生、不良、先生、悪人、詐欺師、などなど多種多様な人と接触して、多種多様な人を救ってあげたい。

 それが自分の不幸になろうとしていても、

 アギトには被害者と加害者が同じに見える。
 アギトはすべてを平等に見ているわけではなくて、
 ただいろいろな人のために生きると、父親に誓ったのだ。
 父親はお人よしで沢山騙されようと、にこにこしている変わり物だった。
 母親はとてつもなく怒りっぽかった。

 そんな父親を目標に、
 すべての話を聞くというスタイルで、

 澤島アギトは無人島国家に転移したのであった。

 それは唐突に、

 その日の空は皆既日食が表れていた。

 アギトは善と悪の国家を作れるのだろうか?

 これは平和な国を作ろうとしたら、なぜか最強たちが集まる武装国家になってしまったという話である。

※カクヨムにて掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 84,937 位 / 84,937件 ファンタジー 24,591 位 / 24,591件