大兇の妻

 宇音美大郎女のもとに急な知らせが入る ―― 夫である蘇我入鹿が亡くなったという。
 それが、『女王への反逆』の罪で誅殺されたと聞き、大郎女は屋敷を飛び出し、夫の屋敷へと駆け付けるのだが………………
 ―― 645年、古代史上の大悪人である蘇我入鹿が、中大兄皇子と中臣鎌足によって誅殺され、大化改新の先駆けとなった。
 だが、入鹿は本当に大悪人だったのか?
 これは、敗れた者と、その家族の物語である………………
24hポイント 0pt
小説 96,422 位 / 96,422件 歴史・時代 1,073 位 / 1,073件