この美しい世界で血に濡れた貴女こそ

美しい世界があった。そこに生きる人々も当然美しかった。
美しかった。確かに美しかった。
いつからだろうか。それらに疑問を持つようになったのは。
こうなってしまっては、私は異端になってしまう。
何故なら、この世界は美しいのだから。うつくしいのだから。

「貴女の乳房に触れる機会はありますか?」

そして出会った。この世界で一番汚いとされている人間に。
そして、その人間を。
私は、とても、美しいと感じた。
24hポイント 0pt
小説 59,304 位 / 59,304件 ファンタジー 19,128 位 / 19,128件