魔獣の徘徊する地で追放(囮に)された少年、死に物狂いで二年を生き抜いた結果いつの間にか最強に~最強へと至った劣等生、学園都市に舞い戻る~

数千年前。突如として世界に世界樹と魔物が出現し、人類の生存区域は激減していた。人類は抵抗のすべ、魔物の侵攻を防ぐべく、城壁国家を築き上げる。

そんな世界で。魔術第一学園に、無能の烙印を押された落ちこぼれの少年がいた。彼は周囲からの様々な嫌がらせを受けながらも、いつか誰もが認める魔法騎士になることを目指して日々努力に明け暮れていた。そんな少年に転機が訪れる。それは、学園の実戦訓練での魔獣狩りの最中だった。想定外の強力な魔獣の出現によって、少年は囮として魔獣の森で置いて行かれたのだ。死に物狂いで逃げる中で、少年は谷底へと身を投げ窮地に一生を得る。だが、魔獣の森から脱出するすべをもたない少年は、魔獣の森を彷徨い――そして二年の歳月が過ぎていた。
 魔獣の森で生き抜いた少年の感覚は研ぎ澄まされ、その実力は最弱から最強へ。

 
 二年前、少年を見下していた彼等との再会と――新たな舞台で巻き起こる事件や、主人公の成長と出会い。
 これは、落ちこぼれだった少年が努力で掴んだ力で、世界にその名を轟かせる物語。
24hポイント 7pt
小説 23,778 位 / 92,477件 ファンタジー 5,051 位 / 25,674件