エロ妄想が激し過ぎるよ城神麗奈さん!

教室の席替えが終わり、鹿島新次郎の後ろの席は、城神財閥の長女、麗奈が座ることとなった。
彼にとって城神麗奈はドストライクなのである。
顔もスタイルも性格も、何もかもが理想なのだ。
面と向かって彼女の美顔を見ることすら、勇気を振り絞らないと絶対に不可能なレベル。
最高に幸せを感じていた鹿島だったが、授業中、後ろの席から彼女の声が聞こえてくるのだった。
『おちんぽ、右だったわ』と

24hポイント 0pt
小説 119,550 位 / 119,550件 恋愛 34,963 位 / 34,963件