どうか、私のことを思い出さないで下さい

私こと、レティーシア・シャルワールにはこの国の第二王子の婚約者がいた。とても王族とは思えないような品のない王子の婚約者が。
勿論それは完全なる政略結婚であったのだが、しかしどうやら第二王子は理解していない模様でありあろうことかなんの前触れもなく突然多くの王侯貴族の集う夜会で婚約破棄を宣言したのだった……

———まあ、そんなことは別にどうでも良いのですけれど。
私としてはそんなのことよりも幼馴染である第一王子との距離感をなんとかしたいんです。
幼い頃の記憶なんて綺麗さっぱり忘れているであろう(というより忘れていてくれないと私が困る)彼とはもう私的な部分で関わりたくないんですってば!!


❀小説家になろうにも掲載しております。
24hポイント 14pt
小説 24,903 位 / 119,870件 恋愛 10,180 位 / 35,127件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

薄幸の令嬢は幸福基準値が低すぎる

恋愛 / 完結 24h.ポイント:127pt お気に入り:4733

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:296582pt お気に入り:7333

藁籤の花嫁は隣国の狼陛下を攻略中!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:49pt お気に入り:210

婚約者には愛する人がいるのでツギハギ令嬢は身を引きます!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:85811pt お気に入り:9894

ひめさまはおうちにかえりたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:653

ちびっ子元聖女は自分は成人していると声を大にして言いたい

恋愛 / 完結 24h.ポイント:205pt お気に入り:2052

婚約者を想うのをやめました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:256467pt お気に入り:5201