どうか、私のことを思い出さないで下さい

私こと、レティーシア・シャルワールにはこの国の第二王子の婚約者がいた。とても王族とは思えないような品のない王子の婚約者が。
勿論それは完全なる政略結婚であったのだが、しかしどうやら第二王子は理解していない模様でありあろうことかなんの前触れもなく突然多くの王侯貴族の集う夜会で婚約破棄を宣言したのだった……

———まあ、そんなことは別にどうでも良いのですけれど。
私としてはそんなのことよりも幼馴染である第一王子との距離感をなんとかしたいんです。
幼い頃の記憶なんて綺麗さっぱり忘れているであろう(というより忘れていてくれないと私が困る)彼とはもう私的な部分で関わりたくないんですってば!!


❀小説家になろうにも掲載しております。
24hポイント 21pt
小説 20,311 位 / 111,073件 恋愛 8,353 位 / 31,913件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

夫に顧みられない妻は家出した

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28818pt お気に入り:9100

離婚しましょうね。だって貴方は貴族ですから

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:78001pt お気に入り:4874

断罪された悪役令嬢は頑張るよりも逃げ出したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:11526pt お気に入り:5366